「無垢フローリング」最近の傾向

最近はフローリングが一般化され「無垢フローリング」という価値の高いものがある

無垢フローリングと付き合いたい

「無垢フローリング」最近の傾向

最近の家の床で最も多いのはフローリングと言えるでしょう。

10年以上前に建てられた家だと、じゅうたんも結構多いかもしれません。

でも、ここ10年以内に建てられたりリフォームされた家やマンションはやはりフローリングが多いと言えます。

もちろん畳みの家だってまだ多く存在しますし、新築でも和風の部屋にするためには畳みがベストとも言えます。

何が良いかは人それぞれ意見は異なるかと思いますが、フローリングが一般化されてきたのにはやはりそれなりに理由があるからでしょう。

そんなフローリングですが、フローリングには大きくわけて二つの種類が存在します。

それは、合板フローリングと無垢フローリングです。

合板フローリングは、いくつかのべニア板を組み合わせて作られたもので、大量生産しやすいと言えます。

ですから、一般的によく使われているフローリングはこの合板フローリングと言えるでしょう。

一方、無垢フローリングとは天然の木材をそのまま使って作りあげあられたフローリングのことを示します。

ですから、こちらの方が希少価値は高いと言えますし、もちろん価格もあがります。

カーテンで例えると、市販で売られているものかオーダーして作ってもらうカーテンなのか・・くらい変わってくるでしょう。